2014年10月08日

『三橋貴明の「新」日本経済新聞』

本紙編集長・三橋貴明さんは、ご存知の通り、非常に温厚な方。
しかし。
日本経済の現状、およびそれにたいする政府の反応は、その三橋さんを怒らせるほど、ひどいものとなっているようです。

10月1日、ブログ「新世紀のビッグブラザーへ」にアップされた記事「あれから一年が経ち・・・」をご覧下さい。
むろん、ここで言う「あれ」とは、2013年の10月に決定された、消費税率を8%に引き上げる判断のこと。

問題の判断から一年を経て、青ざめるような経済指標が次々に出ているとか。
実質消費支出は、前年同月と比べても、また前月と比べても減少。
実質賃金指数も減少。
鉱工業生産指数も、生産が減少で在庫が増加。

要するに日本の景気は悪くなる一方なのです。
三橋さんの言葉を、直接ご紹介しましょう。

「結局のところ、実質賃金が下落し、さらに家計貯蓄率が落ち込んでいる国、すなわち、『国民が貧困化し、家計に余裕がなくなっていく国』において、消費増税を強行した以上、『反動減の反動増』は、起きえないという話なのです」

「政府が目論んでいた『V字回復』は現時点で完全に不可能になってしまいました」

いいかえれば日本経済は、消費税を8%にしたせいで相当なダメージを受けていることに。
ふつうに考えれば、来年に予定されている10%への再引き上げは延期されてしかるべきでしょう。
そして今なら、延期の決断を下すことは可能です。

しかしこれは、いわゆる「アベノミクス」が失敗だったことを認めるにひとしい。
国民をさらなる貧困化から救うべく、この現実を直視し、従来の政策を転換するのか?
それとも自分のメンツを守るべく、あくまで現実を受け入れずに政策転換を拒むのか?

この二者択一にたいし、現政権が見せている反応はお分かりですね。
そうです。
あくまで現実を受け入れずに政策転換を拒んでおいて、「それこそが国民をさらなる貧困化から救う道なのだ」と、自分自身、および周囲に言い聞かせようとしているのです!

「自分自身に向けてつくウソほど、声高なものはない」
アメリカの哲学者、エリック・ホッファの言葉です。

というわけで、経済指標が青ざめるようなものであろうが、
いや、青ざめるようなものであればあるほど、
「今後の力強い回復」をめぐる見込みやら、期待やら、予測やらが大いに主張される次第となる。

負けが込んできたギャンブラーほど、大きく張りたがるのと同じですな。
エドマンド・バークは「新訳 フランス革命の省察」において、こんなときの心理を、次のように形容します。

「人々は、希望であれ不安であれ、まともな感情を喪失するだろう。バクチにハマった者の常として、彼らは衝動に突き動かされるまま、自滅的な妄執にとらわれる」
(225ページ)

バークの英知について、さらに知りたい方はこちらをどうぞ。
http://amzn.to/1jLBOcj

三橋さんも、こう言い切りました。

「見込みとか期待とか予測とかは、もはやどうでもいいです。
政府の『失政』により景気が失速し、国民が貧困化しているというのが現在の日本なのです」

もはや、どうでもいい!
この言葉を通じて、三橋さんが真に言わんとしているのが
「いい加減に現実逃避はやめろ!」
であるのは明らかでしょう。

自分にとって都合の悪い事実には目を向けない。
逆に自分の立場を肯定してくれそうなものなら、信憑性の有無にかかわらず飛びつく。
そんな具合だから、見込みや期待や予測が外れたとしても、一切の責任を取らない。
というか、そもそも責任を取る必要があるという発想すらないので、批判されたら逆ギレする。

まったく、現実逃避は手に負えません。
・・・しかし。

このすべて、政府や「国家権力」を批判したがることで知られる、ある新聞の姿勢を連想させませんか?
自分にとって都合の悪い事実には目を向けない。
逆に自分の立場を肯定してくれそうなものなら、信憑性の有無にかかわらず飛びつく。
そんな具合だから、虚偽や捏造の報道をやらかしても、一切の責任を取らない。
というか、そもそも責任を取る必要があるという発想すらないので、批判されたら逆ギレする。

経済の動向をめぐる現政権の姿勢は、朝日新聞とじつに良く似ているのです!
朝日新聞と現政権が、互いに相手にたいして批判的なのも、こうなるとなかなか皮肉なものがあると評さねばなりません。
近親憎悪ですな。

とはいえ、これは何を意味するか。
そうです。
日本のあり方を良くしたいと思うのなら、朝日新聞と現政権は同程度に批判されるべきなのです!

前者は日本、および日本国民のイメージを貶めることで、国益を損なっている。
しかし日本、および日本国民の貧困化を放置、もしくは促進させるのも、国益を損なう振る舞いでしょう。

ついでに。
経済の先行きについて、現実逃避にひとしい見込みや期待や予測を披露する政権が、ほかの分野、たとえば外交や安全保障については、まっとうな見込みや期待や予測を立てていると見なしてよいでしょうか?

目下、保守派の一部には、現政権については(基本的に)擁護しつつ、朝日新聞については「解体」や「廃刊」を叫ぶ動きがあります。
しかし今まで述べてきた理由により、私にはこの動きも、現実逃避の一種と思われて仕方ありません。

そしてこれは、じつのところ当たり前の話。
『僕たちは戦後史を知らない』からも、ちょっと引用しておきましょう。

「戦後史の教訓、それはずばり、負け惜しみの上に国を作ろうとしてはいけないということに尽きる」

「負け惜しみは、戦争に負けた事実を(本当には)受け入れないことであり、現実逃避の一形態なのだ」
(286ページ)

この点についてさらに知りたい方は、まずこれをどうぞ。
http://amzn.to/1lXtYQM

つづいてこちら。
http://chokumaga.com/magazine/free/152/3/

よって、予言しておきます。
このまま行けば遠からず、
(1)虚偽報道をめぐる朝日新聞の弁明
(2)経済の動向をめぐる政府の見込み、期待、および予測
(3)「戦後レジーム脱却」を唱える保守派の主張
のすべてについて、
国民は「もはや、どうでもいい!」という態度で応じるだろう、と。

ではでは♪(^_^)♪



posted by 明智光秀 at 08:06| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。