2015年04月04日

渡部昇一「 東京裁判とマッカーサー証言」「安倍総理はリビジョニストか」

戦後70周年に向けて、日本人のこころに未だに残っている「自虐史観」のルーツである---「東京裁判」と「マッカーサー証言」について上智大学名誉教授、渡部昇一先生が鋭-く-切-り込みます。「マッカーサーは最初で最大のリビジョニスト」 いま米国でよく言われている「リビジョニスト(歴史修正主義者-)」-について詳しく-解説いただいた。安倍首相の「あらたな安倍談話」を世界に発信し-、日本-の戦後を終-わらせるために。



posted by 明智光秀 at 18:30| Comment(1) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自虐史観なんて一体誰が持ってる?
あるのは自称保守派の自慰史観でしょ。
史実を史実として受け入れるのが普通の日本人で自虐史観などと言ってるのは統一教会の支援を受けた渡部昇一センセイや櫻井よしこセンセイだけですよ。
Posted by at 2015年04月29日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。