2016年03月24日

マスゾエ東京都知事は新宿の保育所用地を韓国人学校にしようとしている。東京都死ね!!

余命三年時事日記ハンドブック  マスゾエ東京都知事は新宿の
保育所用地を韓国人学校にしようとしている。東京都死ね!!

◆2016年3月22日時事 余命三年時事日記


 ハンドブックではこれに加えて在日や反日勢力が必死に隠蔽してきた過去の蛮行が史実として記載されている。
 戦争法案反対なんて平和もどきの共産党の正体が事実によってさらされる。在日の暴力行為の凄まじさが歴史資料によって裏付けられる。たまったものではないだろう。
 ハンドブックでは例として阪神教育事件(1948年4月14日〜26日)をあげている。これは大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による大規模テロ事件である。日本で唯一の非常事態宣言が布告された事件である。朝鮮人によって大阪府庁が占拠破壊された翌日には兵庫県庁も朝鮮人集団によって破壊占拠され、多数の死傷者が出ている。さらに朝鮮人は兵庫県知事を監禁、脅迫して朝鮮学校の存続、朝鮮人犯罪者の釈放などを強要した。警察は米軍の力を借りてようやく鎮圧することができた。
 当時大阪城前に集結した朝鮮人は7000人を超えたといわれている。 

 警察で銃器対策部隊の重武装化とかテロ訓練、自衛隊との合同訓練、またテロ鎮圧訓練等が話題となっている。9月23日の機動隊公開訓練は発見即射殺という日本では初めての踏み込んだもので、対象はというともちろん在日暴力団であるが、一方で公安の監視団体である共産党もリストに入っている。上記のような大規模テロ事件を起こしているのだから当然である。
 もう3年ほど前の過去ログに在日の警察襲撃マニュアルがある。米軍横流しの武器が偏ってはいるが約2個師団分行方不明なんて記事も書いてある。しかし、神戸震災時の大規模な武器発見をはじめとして、全国各地の武器の摘発が誰が何のためにという点できちんと解明されたことはなかった。
 ところが過去の事件が隠蔽されていただけで、警察襲撃とかその他の暴力事件は実際におきていたのである。警察関係の襲撃事件を見てみよう。

生田警察署襲撃事件1945.12.24 約50人の武装朝鮮人が乱入、立てこもり。

富坂警察署襲撃事件1946.1.3 約80人の朝鮮人が強盗犯の釈放を要求。警察署を占拠。

長崎警察署襲撃事件1946.5.13 約200人の朝鮮人が襲撃。警察官1人死亡。10人重軽傷。
富山駅前派出所襲撃事件1946.8.5 約30人の朝鮮人が襲撃。

尾花沢派出所襲撃事件1947.10.20 朝鮮人集団が乱入。警察官3人が重軽傷。

福井県本郷派出所襲撃事件1949.6.2 約70人の朝鮮人が襲撃。+約200人の朝鮮人。

木造地区警察署襲撃事件1952.4.19 約70人の朝鮮人が警察署に乱入。

.....そして、とにかく数が多い。
長田区役所襲撃事件1950.11.20〜27 約900人の朝鮮人が朝鮮人学校に武装集結。

王子朝鮮人学校事件1951.3.7 約1700人の朝鮮人が襲撃。警察官28人が重軽傷。

下里村役場事件1951.10.22 約200人の在日朝鮮人が生活保護などを要求。集団暴行。

血のメーデー事件1952.5.1 数千人の朝鮮人が皇居に突入。多数の死傷者。

広島地裁事件1952.5.13 約200人の朝鮮人が法定占拠。被告4人を逃走させる。

大須事件1952.7.7 名古屋大須で約1000人の朝鮮人が暴徒化。

.....これはハンドブックに記載した一部を抜粋したものである。あげればきりがないのだ。安倍総理が一括駆逐処理を目指すのも当然であろう。隠蔽されてきた事件だけに日本人のほとんどが知らない。朝鮮人の三世四世もまず知らないだろう。しかし、事件を日本人が知ったら間違いなくただでは済まない。余命つぶしに必死になるわけだ。
 見えないところでも闘いは始まっている。アマゾンレビューの数がおかしいという投稿があったが、それはどのサイトにもあることで、書籍が確実に売れているのに1ヶ月もレビューなしとか、最初から一件もないとか不思議なことがまかり通っている。 今月初めから話題となっている朝鮮人学校補助金制度の問題も政権の意向に逆らうかたちでまたもや日弁連傘下大阪弁護士会70人が文句を言っている。朝日新聞捏造記事植村事件で438人の弁護士が電凸者を告発なんて件もまるっきり在日手法。あきれるばかりだ。
 この朝鮮人学校問題はハンドブックでは取り上げたがブログではふれていない。ただ事件の記事のあちこちに朝鮮学校の語句は出てくる。事件の拠点となっていることや猛烈に補助金にこだわっていることから教育の問題でないことはバレバレだ。
 桝添もなりふりかまわず朝鮮学校問題をごり押ししそうだが、99%反対では頭が痛いだろう。
 ハンドブックには朝鮮人学校の蛮行や、在日民団との結びつきが細かく記述されている。とくにスヒョン文書や花王文書をよめば民進党(元民主+維新)は売国政党として終わる。
党名ロンダリングでも7割が期待しないという評価では選挙は戦えない。
とにかく過去三年間の悪政のイメージがひどすぎる。選挙後にまた分裂もあるだろう。

 ところでハンドブックでは竹島にもふれている。安倍総理の教科書への慰安婦や竹島問題の積極的姿勢で韓国は対応に苦慮している。安倍総理の狙い通り、12月28日の日韓外相会談での日韓合意は韓国を大混乱させている。4月の韓国の選挙ではさらにガタガタになるだろう。史実の周知でスワップなど吹き飛んでしまっている。また、竹島は韓国の領土という教育は日韓関係破綻の要因であることがわかっていてももはや後戻りができない状況となっている。
 先日米韓軍事演習が終わったが、その内容たるや悲惨なものであった。日本メディアの反応と解説は完全なピンぼけで、実態を見れば米軍の考えが露骨にわかる演習であった。
 共同訓練の内容がリンクするソフトを使うかどうか、つまり最新ソフトに更新できるかどうかが注目されたのであるが、実態は米韓ともそっぽを向いた独立軍の演習であった。
 米国陸軍の投入はないことは米国のあちこちで介入せずという意向が示されている。今般は米国海兵隊の空軍飛行場占拠という不思議なテーマで、韓国軍は戦車を並べてぶっ放しているだけであった。
 その一方で、人事に関してオバマ政権は「在韓米軍は米太平洋部隊の一部である」という考えを示した。これは米韓相互防衛条約に基づく独立軍である立場を放棄したもので、この形は日米安全保障条約の事前協議の対象となる。
 人事の詳細はまだわかっていないが、在韓米軍の存在が軽くなったことは否めない。
国連旗はただのおまじないとなったようだ。

 在日韓国人に限らず半島朝鮮人の集団殺戮はどこから来ているのだろうか?あるサイトでこれに関する質問があった。


◆余命三年時事日記ハンドブック



posted by 明智光秀 at 16:19| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

「国際金融経済分析会合で消費増税はどうなる!?」

posted by 明智光秀 at 17:56| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

【米大統領選】熾烈かも知れないが低質な選挙戦、ポイントは孤立主義者と国際主義者の仕分け

posted by 明智光秀 at 23:02| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。