2015年04月21日

沖縄の基地反対違法テント村で出身地を聞いた結果www



posted by 明智光秀 at 13:00| Comment(0) | 安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

私のような外国人に選挙権や被選挙権を与えるのは危険だ。ケント・ギルバート

私のような外国人に選挙権や被選挙権を与えるのは危険だ。
帰化後に忠誠宣誓に反したら、国籍はく奪と国外強制退去は当然だ。

◆「ファクトを無視した歴史学者」として名を残したいのか 米教科書論争 4月18日 ケント・ギルバート

ご存じの通り、私は在日米国人である。もはや日本に住んでいる期間の方が長いが、あくまでも米国人である。日本への帰化を真剣に考えたことは現在までのところない。米国人だから、米国の国益を最優先に考える。だから、私のような外国人に選挙権や被選挙権を与えるのは危険だ。

 もし、私が突然、日本に帰化したいと言い出したら、「今後は日本に忠誠を誓い、米国より日本の国益を考えて行動します」と宣誓させた方がよい。帰化後にこの宣誓に反したら、国籍はく奪と国外強制退去は当然だ。

 最近の私の記事や発言を読んで「ネトウヨだ!」「歴史修正主義者だ」と騒ぐ人々がいる。「韓国・中国たたきのブームに乗るレイシスト」などという人もいる。

 あるいは、「米国を裏切って日本にすり寄っている」という人もいる。逆に、「きっとCIAのエージェントだ!」とつぶやく人も時々いる。

 ネット上で無責任にささやかれる多種多様な反応を見るのは、実に面白い。同じ文章を読んだはずなのに、人によってこれほど解釈や出力が違うものかと感心する。

 私の主張に否定的な意見から、「レッテル貼り」「陰謀論」「被害妄想」「揚げ足取り」「論理のすり替え」「感情論」「抽象論」「無関係な話題で私個人や米国を誹謗中傷する言葉」を取り除くと、ほとんど何も残らない。真剣に討論したくなる反対意見には、なかなか出合えない。

彼らは、私の主張の本質を読み誤っている。私はファクト(事実)に基づいた、公平で論理的な意見にしか興味がない。

 公平と言っても、私の場合は日米双方の国益にかなう方向に偏る。だから、ファクトに基づく主張が、立場次第で偏るのは構わない。しかし、ファクトを無視した非論理的な主張は、国を問わず批判する。

 祖国の米国であっても、ファクトの無視は見過ごせない。だから私は「『リメンバー・パールハーバー』は米政府のプロパガンダだった」と主張するし、東京大空襲や原爆投下は戦時国際法違反だったと考えている。占領期にGHQ(連合国軍総司令部)が施した「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」が、日本の伝統的価値観を破壊する目的だった事実も指摘する。

 現在、米国では「慰安婦20万人強制連行説」を載せたマグロウヒル社の教科書を、19人の歴史学者が擁護している。

 彼らが資料を十分読み込んだとは思えない。将来、「ファクトを無視した歴史学者」として、年表に名前を刻みたい自虐願望があるように思える。


posted by 明智光秀 at 16:34| Comment(0) | 安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

長谷川三千子、憲法九条を大事にすることは良いことですね

posted by 明智光秀 at 17:10| Comment(0) | 安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。