2016年03月20日

mfaceclubone では毎年1〜3回の分配金が毎年が期待出来ます。

mface とは、
マレーシアの大企業MBIインターナショナルが設立した事業子会社
「Mface International Sdn Bhd」が 第2のFacebookを目指して2011年に運営開始した全世界規模のソーシャルネットワーキングサービスの総称です。
(SNS) www.mface.me

親会社の総資本金約1000億円のホールディングカンパニー
【MBI International】




会員数の比較。

mfaceの会員数は世界16カ国で約3500万人(2014年4月)。

Facebook 会員 2年で 1200万人。

mixi 会員 日本限定で 1300万人(2013年2月時点)。

グリー会員 2900万人(2012年2月時点)。

モバゲー会員が約 4000万人(2012年3月時点)。

となっています。

これら全ての SNS 企業が株式上場し、数百億から数千億円もの売上をたたき出しています。
mface の3500万人の規模によるパワーは計り知れません。

会員数の伸びしろや世界規模であることを考慮すれば、まだこれから本格的な成長期に入る段階であることが予想できます。
数年以内にナスダック上場を目材ているので、これは投資家にとっても非常に魅力的な案件だと思います。

mfaceの親会社、マレーシアの大企業MBIインターナショナルについての解説↓↓
http://stat.ameba.jp/user_images/20141118/03/roennnnn/56/dc/j/t02200168_0800061113132636816.jpg

会員数の比較。

mfaceの会員数は世界16カ国で約3500万人(2014年4月)。

Facebook 会員 2年で 1200万人。

mixi 会員 日本限定で 1300万人(2013年2月時点)。

グリー会員 2900万人(2012年2月時点)。

モバゲー会員が約 4000万人(2012年3月時点)。

となっています。

これら全ての SNS 企業が株式上場し、数百億から数千億円もの売上をたたき出しています。
mface の3500万人の規模によるパワーは計り知れません。

会員数の伸びしろや世界規模であることを考慮すれば、まだこれから本格的な成長期に入る段階であることが予想できます。
数年以内にナスダック上場を目材ているので、これは投資家にとっても非常に魅力的な案件だと思います。

mfaceの親会社、マレーシアの大企業MBIインターナショナルについての解説↓↓



代表取締役会長Tedy Teow Tedy

MBI :2009年7月設立

1) パーム油の製造販売
2) 携帯電話の製造、流通関連会社
MBIモバイル
3) ファッション、アパレル製造、流通
4)「M-7ファミリー」コンビニエンス事業
5) ホテル運営
6) ショッピングモール「MBI mall」
7) エンターテイメント業「Apple blue」
8) ゲーム制作「Game view」
9) 映画制作
10) 健康「I-healthy」
11) 食材
12) 建築
13) 不動産
14) サツマイモ農場の運営
15) SNSの「mface」の運営
etc

※実際に資産家や本物の投資家達が多く参入しています。



会社の信頼性と安全度はエアアジアが確認済みです!

航空会社にはお金をかけたからといって広告をのせる事は出来ません。

航空会社が徹底的にその会社を調べて広告を載せるか判断します。

信用のない会社の広告を載せてしまうとエアアジアの信用もなくなってしまうからです。

そして2012年5月から有料会員クラブMFCCLUBを開始。

僕達はこのMFCCLUBの
「オンライン電子クーポンシステム」
これを主に利用して資産を増やしていきます。

「オンライン電子クーポンシステム」とは
シンガポールのSMI社が7年以上の運営実績を持つ大富豪輩出システムです。
( 元々はMBIグループが開発したシステムではない)

テディ会長は知人の中国人女性に勧められてこのシステムに参加して円換算で20万円を1年6ヶ月間で1400万円にした。
次にテディ会長は仲間と共にグループで資金を出し合い、グループとして500億円の利益を出した。この経験を踏まえて、テディ会長は、ベンチマーキングを行ない、「mface」に適用させることで、本事業をスタートさせました。

ではそのシステムを利用したビジネスの始め方を解説致します。

・まず広告枠に使えるポイントを購入、つまり有料会員クラブMFCCLUBに登録することから始まります。
MFCCLUBに登録するとSNSショッピングモールのポイントとクーポン(株の様な物)がもらえます。

※当初1クーポン0.2ドルと仮定します

・会社は・・・ある一定のクーポン(株の様な物)を発行します。

・参加者がこの発行したクーポンを買い・・クーポンが売り切れると
 株式の分割のようにクーポン数を2倍にしてくれます。( 資産が2倍に!)

・この分割されたクーポンに対して、 更に会社がある一定のクーポン(株の様な物)を発行をします。
 
当初0.2ドルのクーポンを、今度は0.21ドルから発行し売切れたら分割を繰り返します。

だからこのクーポンシステムは世界中から人気があり、エムフェイスは注目されています。

そしてある一定の値段まで上昇するとクーポンは分割されクーポン数が2倍になります。
(例えば最初100クーポンあったとしたら分割がおきると200クーポンになります)

このクーポンシステムを利用して資産を増やしていきます。

では登録料金になります。

1STAR 100ドル
2STAR 200ドル
3STAR 500ドル
4STAR 1,000ドル
5STAR 2,000ドル
6STAR 5,000ドル
7STAR 15,000ドル
8STAR 35,000ドル

1ドル125円換算で、プラス代行手数料が3000円必要です。

※7STAR と8STAR は会社の利益の1%を有資格者で割った金額が特典として付きます。

※全てのランク共に初期投資のみでオートシップはありませんし、人を紹介する必要はありません。


 例えば100万クーポン(当初1クーポン0.2ドル)発行されたとして
 会員が増え100万クーポン売り切れると0.21ドルになるような設定。
 それを繰り返し、0.22→0.23→0.24・・・・・ 

・このように・・・初期参加者の資産は投資額の実に13倍という実績です。

・クーポンは換金でき、紹介なしでも資産が増えます。

・自分が投資するだけでも十分な利益をあげられますが、ビジネス展開も出来ます。

※直紹介、バイナリー、ユニマッチング等のビジネスプランもあります。

・報酬は毎日精算されます。

クーポンの値上がりや分割を考えると・・・とにかく早期の参加・早期投資が良いでしょう。

このエムフェイスが発行するクーポンは非常に株と似ています。

ですが株ではありません!

株とは大きく違う点があります。

まず同じ点は
安い時に買って、値上がりした後で売れば利益が出ると言う事です。

これは株もクーポンも同じです。

では違う点は
株は値段が下がることもあるが、クーポンは値段が下がることはない。
株は売り手が好きな売り値を付けることが出来るので値下がりもあり得るが、クーポンは会社が売り値(=買値)を決めるため値下がりがない。

ご興味のある方は仕組みの動画のURLを張り付けましたのでご覧いただけます。


会員用サイト


http://www.ustream.tv/recorded/52798625

パスワード 20140918


http://mface-clubone.com/




ご覧になりもっと詳しくお知りになりたいお方はコメントいただけば小生の連絡先をお教え致します。

*1年前に1000ドルで入会して紹介者0の小生でも1月に500ドル入金、4月にも500ドル入金予定、今年はもう一回入金があり、このまま放置したとしても毎年1500ドル程の収益が得られる予定であります。


*因みに現在は中国人富裕層が大金で入会しているそうでチャンスだと言う事でした。



http://piimamee45.blog.fc2.com/blog-date-201407.html


*そろそろ日本でもクーポンが使えるお店が出来るそうですよ!




 コメントに資料請求と頂けれ貴方のアドレスにファイルを送ります。




 それから判断して入会するかどうかご自分でお決め下さい。




 アドレスでの悪質なアフリエイト行為は絶対にしませんからご安心下さい!


【関連する記事】
posted by 明智光秀 at 16:27| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

韓国学校用地、嫌がる新宿区から都が召し上げてた(驚愕

posted by 明智光秀 at 19:43| Comment(0) | 反日売国奴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政財界の「機密情報」を苫米地英人がすっぱ抜く



posted by 明智光秀 at 17:59| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。